コメントは受け付けていません。        

債務整理を行う際、自分の債務がどれだけあるのかわからない場合は督促状を見よう

督促状がどんどん届くけど返済のあてがないという場合、弁護士に依頼して、債務整理を行うことになるケースも多いです。

その場合、なにを持っていっていいのかわからないという人も多いでしょう。

インターネットでのメールや、電話でのコンタクトで、打ち合わせの日を決める時にその辺の指示はあると思いますが、とりあえず、絶対必要なのは、消費者金融やクレジットカード会社のキャッシング用のカード、それと、どれぐらいの債務があるのかというものを書き出した表でしょう。

整理したい債務の額によって、何回払いで返済するかということを考えますからね。




債務整理をする段階になると、借入先がかなり増えていて、明確な金額を把握していないという場合も多いです。

そういう時は、督促状を見てみるといいでしょう。

返済出来ないので、開封していないという場合は開けてみましょう。

任意整理するのであれば、どういった内容が書かれていたとしてもそんなに怖いことはないと思います。

督促状には、現在、どれだけ債務が残っていて、それに対する利息、損害金などが書かれているはずです。




利息や損害金は別にして、債務の元金を借入先ごとに書きだしていきましょう。

そうすると、トータルで債務がいくらなのかはっきりします。

その表を持って債務整理の手続きをしてくれる弁護士、司法書士と会うと、向こうはかなり助かると思います。

利息や損害金を書き出さないのは、債務整理をする場合、この二つはカットしてもらって、元金だけの返済ということになるケースが多いからです。

なので、債務整理をする場合は、督促状に書かれている利息と損害金がどれだけ大きい額であっても、そんなに気にする必要はありません。

町田市でアルバイトを探すなら飲食店がお勧め。

町田市は都心から離れてはいるが、都心に変わらないぐらい飲食店の多い町です。飲食店でのアルバイトは、接客を中心としたホールスタッフの仕事と調理や洗い場を中心としたキッチンスタッフの仕事とに分けることが出来ます。仕事の内容は外食産業での店舗のスタッフをまとめてホール・キッチンスタッフといったりしますが、ホールスタッフとキッチンスタッフはまったく別のアルバイトです。ホールスタッフは、飲食店でのホール担当の仕事です。

来店したお客さんを席に案内して、注文を取り、料理を運んだり、空いたお皿を下げたりします。お帰りになるお客さんのレジ清算も行います。明るく元気に接客できること、細かな気配りができることが要求されます。一方、キッチンスタッフとは調理場の仕事です。料理やドリンクを作ったり、洗物をします。町田市の外食産業のアルバイトは居酒屋・ダイニングバーやファミレス、カフェなどでホール・キッチンスタッフを募集しています。このお仕事のメリットを取り上げます。料理の勉強になる・食事付きのところもある・外食産業で働くこと(特にホールスタッフ)は非常に勉強になることです。

このお仕事のデメリットを取り上げます。接客業なので明るさが求めらます。そうでない人はつらいかも知れません。こんな人にお薦めです。将来、同様の職種に就きたい人・明るい人、細かいところまで気配りができる人です。比較的、シフトの融通が利くため、学生やフリーターのアルバイトが多く働いています。接客の基本技術が身につくので、飲食業界で働いていきたい人のファーストステップにも最適です。スキルを磨いていけば、未経験でも働け、接客スキルを身につけられるので良いと思います。町田市で飲食店のアルバイトを探しましょう。

年齢的に相続対策を考えるようになりました

私は現在70歳。
今まで、家庭の為に一生懸命仕事をしてきました。
会社では、責任のある仕事を任され、部下との付き合いも大切にしてきました。
仕事と休みではメリハリをつけるようにし、休日は家族と過ごす時間を大切にしてきました。
おかげで2人の子供も自立し、家庭を持ってくれました。
子供は2人とも息子です。
孫は全部で4人います。
妻と今も昔も変わらず仲が良く、今は2人で老後を楽しんでいます。
そして70歳になったこの頃、自分の先のことが気になるようになってきました。
今後もみんなが仲良くやってもらうために、相続対策はある程度自分でやっておかなくてはならないのではと考えるようになりました。

ある日、私は、2人の息子と妻と集まりました。
そして昔の話を色々としました。
子供たちが生まれた時のこと。
2人ともよく泣く元気な子でした。
幼稚園の発表会では長男が主役をやりました。
誇らしく感じたことを思い出しました。
小学校の運動会では次男が応援団長を勇ましくしていました。
中学校3年生、2人とも受験勉強を頑張ってやっていました。
そして高校、大学と伸び伸びと育ちそれなりに反抗期も来、今は立派な大人になってくれたことを感謝している、と話しました。
そして、2人が今後も仲良くやっていってもらうために、相続対策の話をしたい、と、私は言いました。

私はゆっくりと話を続けました。
私が話すことを妻と息子たちは黙って聞いていました。
すると、長男が、お父さんの言いたいことはよく分かった。
と、言いました。
続けて、お父さんは今まで仕事はもちろん、家庭のことも僕たちのことも頑張って来てくれました。
それは、お母さんも僕たちもよくわかっています。
そんなお父さんだからこそ、後の心配をするのもよく分かります。
お父さんが考えそうなことだと思います。
でも、お父さん、僕たちはそんなお父さんの姿を見て育ってきたのですから、何があっても仲良くやっていけますので心配しないでください。
相続対策をしなくても、僕たちは大丈夫です。
私は、その言葉を聞いて、今まで頑張ってきて、本当に良かったと思いました。

間違いの督促電話が続いていて困っています。

私が結婚して今の電話番号を使い始めて、もう6年になります。しかし、いまだに前の持ち主宛に電話がかかってきます。幼児教育のセールスや生命保険会社、カード会社など、さまざまな電話がかかってきます。セールスの電話は、持ち主が変わっている事を説明すれば、二度とかかってくることはないのですが、カード会社は、多分督促電話なのでしょう、「何度持ち主が変わっています」と申し上げても、しつこく電話がくるのです。しかも、カード会社も数件あるので、多分資金繰りに困って、色々借りまくったのだと推測します。自分が受けるべき電話ではないので、本当に困ってしまいます。登録されているのが、今私どもの使用している電話番号で、それ以外、おそらく住所なども変わってしまっていて、連絡がつかなくなっているのでしょう。だからといって、いつまでも間違いの督促電話をかけてくるのは本当にやめていただきたいと思っています。しかも、6年経った今でも、今までとは違うカード会社から督促電話がかかってくるのです。以前の持ち主が、いまだに私たちの番号をそのまま使っているのだと思うと気味が悪いです。6年も経っているので、私たちも今の電話番号を色々な所に登録している手前、おいそれと変える訳にもいかず、本当に困っています。カード会社の督促電話をかけている方も、電話越しでは、いくら私が本人でないと言っても、信用してもらえないのだと思います。間違いの督促電話をやめていただくには、どこに相談すればよいのでしょう。

司法書士と弁護士の違い、どちらに依頼するべきか

サラ金の過払い請求等を司法書士でも行えるようになり、訴訟をしやすくなったという話を聞くかと思います。

例えば過払い請求等の借金問題の場合、司法書士と弁護士ができることになりました。

どちらも、手続きや交渉の代理権を持っているからです。

しかし、この代理権については権限に司法書士と弁護士の違いがあります。

元々、司法書士は書類作成業務を中心に行っていて、訴状の作成や裁判についてのアドバイスをしていた仕事であり、実際に裁判を行うことはありませんでした。


現在、訴訟代理権が認められるようになったといっても全ての司法書士に認められたのではなく、試験に合格して法務大臣の認定を受けた認定司法書士のみが「簡易裁判所への」訴訟代理権を持つことになります。

一方、弁護士は地方裁判所以上の裁判所へも訴訟代理権を持っています。

それが、認定司法書士と弁護士の違いの大きな所です。

どちらに訴訟しても構わないかと思うかもしれませんが、例えば過払い請求の場合請求金額などで大きく変わってきます。


簡易裁判所へ訴訟できるのは訴訟価格が140万円以下の場合です。

つまり、過払い請求の場合なら140万円を超えている場合は簡易裁判所ではなく地方裁判所以上に提訴しなければならないので、司法書士に訴訟代理権がありません。

また、裁判所に提訴せず業者との間で交渉和解する場合も、認定司法書士には140万円まででなければなりません。

仮に、140万円を超えていたとすると司法書士では140万円までしか取り戻すことができません。

ここに司法書士と弁護士の違いが出てきますが、請求金額が低いなら司法書士に依頼する方が手数料が安価ということもあります。

東京で会社設立するときに考えたいこと

会社法の改正によって資本金が1円からでも個人で会社設立ができるという事になったり。またインターネットの普及で主婦でも会社設立して社長ができるという昔からの夢をかなえられる話があちこちにあります。もちろん会社設立した以上いろいろな手続きを公的に登録しなければなりません。

今は書店に行けばこういったノウハウが書かれた本がたくさん店頭に売られているので、自分でいろいろ手続きをするというのもいいと思います。私感でもうしわけないのですが、法務局とかの手続きってみんな周りがプロの人が多く来ているようで自分でもたもたしていると後ろに並んだ人から冷たい目で見られたり。あせって必要のない他で使い道のない証紙を買ってしまってそんをしてしまったりと自分でマンションを買った時に嫌な思いをしたりしました。マンションならまだ手続きもそんなに難しくないのでいいのですが、会社設立となるといろいろクリアしなきゃいけないことも多いです。

例えば東京の自宅で会社をしたいと思っても賃貸とかだったら大家さんとの承認問題や分譲マンションでも自宅に不特定の人が来るとかで大家さんからの注意があって退去しなきゃならなくなったり。東京都かだったら自分で思う金額の物件も難しいです。マンションの理事会から苦情が来ることなどのリスクも考えられます。また会社の定款なども公証人役場などでの申請をして許可が出たものを法務局にもって行くのでできたら安心できる行政書士や弁護士などなどの力を借りる方が安心できるかもしれないですね。東京はそういった事務所も多いので口コミなどでいいところを選びたいです。

身内からの借金相談は始末が悪い

私たち姉妹は、それぞれ結婚し実家の近くに住んでいます。
何かあった時はすぐに行き来でき、とても頼りになります。
私なんかは、何もないのに来過ぎだと言われるぐらいです。
特に実家へは、子どもを連れて頻繁に帰るので、両親はまた来たかと言いながらも、孫に会えてうれしそうです。
帰りには食材やお惣菜を持たせてくれるので、助かっています。

母から聞いてはいましたが、姉の家計が苦しいようで、ある時、私に借金相談してきました。
義兄の仕事がうまくいかず、子ども達の学費や生活費に困っているようです。
私の家計も余裕があるわけではないので、断りました。
すると父に借金相談したようで、毎月少しづつでも返すので貸してほしいとのことです。
父も年金生活で楽ではないけど、日頃から、病院の送り迎えや買い物の手伝いをしてくれるので、貸してあげようと思ったそうです。

何か月過ぎても、一向に返す気配がないとのことです。
いくら苦しくても気持ちがあれば、千円、二千円は用意できるはずです。
借金していてなんとも思わないのでしょうか。
親だからといって甘えているのでしょうか。
おまけに節約しようとしない生活を見ていると、妹ながら腹立たしくなります。
何故返さないのかと、直接姉に尋ねてみると、お前には関係ない、口出しするなとすごい剣幕でした。
それ以来、姉とは今までのように行き来しなくなりました。
相変わらず父には新たな借金相談をしているらしく、どんな顔して言うのか見てみたいものです。

高い金利で食っている裏稼業の弱者たち

高利貸しといえば 昔は強欲なじいさんばあさんがやる裏商売と相場が決まっていたが、最近の高利貸しはそうとばかりは決まっていないようだ。
きわめて紳士的な輩が、まっとうな表看板を掲げて生業としている貸し金業が、裏を返せば法定金利をはるかに越えた高金利で商売していたりする。
安い金利のところからは借り尽くし、もう低金利では誰も貸してくれないような立場に陥った人が 結局はそうした闇金的な高利貸しから やむを得ず金を借りる。

その結果ますますクビが回らなくなる。
消費者センターなり警察なりに訴えるだけの気力がある人はそれでもまだ救われるが、誰にも相談できず、家出したり、最悪の場合 自殺を選ぶ人もいる。
そんな恐ろしいところから金を借りる方が悪いと言われればそれまでだが、糾弾されるべきは 弱い人を狙って倫理的に許されぬ手段で返済を迫るという高利貸しである。
いわば、弱いものいじめをする輩というのは、自分にどこか負い目を持っている。

自分がまっとうなやり方では商売できない落ちこぼれだから、そうした裏稼業に身をやつしているのだ。
不当な金利で弱いものから巻き上げたいわば汚い金で、外車に乗り、美女をはべらせ、豪邸に住んでいようとも、ある意味、社会から落ちこぼれてしまった弱者の、別の形でのなれの果てと言うことが出来るだろう。
そんな不真面目な弱者も、まっとうで真面目な強者も、すべて一つに飲み込んで 世の中は今日もめまぐるしく回り続けている。

司法書士と弁護士の違い

簡単に言えば司法書士と弁護士の違いは弁護士はトラブルの時は依頼人に代わって、依頼人の利益になるように弁護(代弁)します。

書類作成も出来るが依頼人に代わってトラブルを直接、相手方と口頭で交渉するのがおもな仕事です。

司法書士は代弁は基本的には出来ず、依頼人に代わって書面を作成して依頼人の権利を主張します。

書類作成が主です。

司法書士と弁護士の違いは弁護士は得意分野をベースに活動するため、全ての分野に精通している訳ではありません。

司法書士は専門分野は弁護士より詳しく、信頼できる事が多い。

詳しく司法書士と弁護士の違いは弁護士は大小にかかわらず、民事事件、刑事事件を区別なく取り扱うことが出来ます。

一方司法書士は金額が140万円を下まわる民事事件しか取り扱うことができません。

弁護士の方が守備範囲も広く応用のある知識が必要とされる職業です。

同じ案件であっても依頼費用が異なります。

一般的に司法書士事務所の方が弁護士事務所より安い価格設定になっています。

借金問題(債務整理)の場合司法書士は任意整理が出来るだけで自己破産の申しだてをしたり、個人債権の申しだてをしたりすることはできません。

悪徳商法にはまり被害を受けてる場合、140万円以下なら司法書士に依頼すると良いでしょう。

交通事故でも被害が少ない場合、物損事故、後遺症がない傷害事故は司法書士に解決を依頼する事が可能です。

敷金の返済や売掛金の回収等140万円以下のトラブルは気軽に司法書士に依頼しましょう。

司法書士と弁護士の違いを確かめて有利の方に相談しましょう。